スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオシマじゃよ、カッカッカ!! 1/600イデオン

4月1日である。
そう、それは世間で言う所の「エイプリルフール」に始まった。
いつもの佐川の兄ちゃんがその "物”を運んできた。
「まいど~!ちょっと大きいけど、ここに置いとくね~!」
なになに・・・
DSC01515.jpg
1/600スケール イデオン Aメカ 80入り
またまたぁ~、だれだよ、こんな手の込んだ冗談みたいな箱で送ってくるのは、ハハハ。
懐かしくて、父ちゃん悔し涙がちょちょ切れら~!
久しぶりに笑った。
1月の中旬から、こなしきれない程の仕事に終われ、
震災で気分が滅入っていたので、少し笑顔の作り方を忘れてた気がする。
まさか、イデオンの大箱を目にするとは予想もしてなかっただけに正直おどろきもあった。
だって、初めて見たもん。製品は見たこと有るけど、大箱なんて。

あれは多分、小学生の頃だったろうか。
(ここから少し回想に入ります、しばしお付き合いを)
イデオンの映画の前売りをローソンで買うと、イデオンのポスターが貰える企画があったんだ。
僕はなけなしのお小遣いを溜めて、弟の分と2枚を買ったんだ。
でも、欲しかったポスターが無い。品切れだと言う。
ローソンの親父は「今映画の券を買ってくれたら、ポスターが入って来たらあげるから」と。
幼い僕はそれを信じ、当時の小学生にしては途方も無い大金を払い、味気ない前売り券を手にいれた。
本当はポスターが欲しかったんだ。
「今買わないとポスターは2度と手に入らないよ」
その言葉を信じた。僕は疑わなかった。
ガンプラもイデプラもタミヤのドイツ88ミ砲も我慢して、前売り券を手に入れた。
TVを欠かさず見ていた僕は、映画事態はそれほど見たい訳じゃなかった。
いや、見たくないと言えば嘘になる。
しかし、どうしても「前売り限定ポスター」が欲しかったんだ。
それから、来る日も来る日もそのローソンに通い「ポスターはまだ?」と問う日が続いた。
1ヶ月以上が過ぎた頃だろうか。
映画の公開終了の日が近づいてきた。
でも、ポスターは来ない。
有るとき店の親父が言った
「ポスターなんて無いよ!しつこい子だな、いい加減にしろ!!」
全てが打ち砕かれた。
「なら、券を返すからお金を返してよ」
少年の訴えは、大人の親父には聞き入れられなかった。
そう、僕がポスター欲しさに前売り券を買った(買わされた)時にはすでに無かったのだ。
それを騙して買わせたあの親父・・・
あまりにも酷い仕打ちだ。

少年は全てを悟った。騙されたのだと。

そしてついに映画の最終日。
「ならば、せめて映画館に入って映画を見よう。そうだ!映画館でポスターを買おう!
 パンフレットも!」
元気を取り戻した少年は、当時まだ小さかった弟をつれて森小路ミリオン座へと京阪電車に乗って向かった。
お父さんから少し多めのお小遣いを貰い、それを片手に握りしめ、はんたいの手には弟の手を握って。
「このお金でポスターとパンフレットを買おう。残ったお金でお菓子とジュースを買って弟と食べよう」
意気揚々と電車を降りる。
映画館に着いて、颯爽と前売り券を窓口に差し出す。少し大人になった気分だ!
そこに、予想もしなかった窓口のおばさんの声
「君ねぇ、この券じゃ見られないよ」
理解できない。この大人がなにを言っているのか解らない。
「この券は、ここじゃ使えないよ。違う映画観の券だよ」
またやられた!前売り券を買うとき
「森小路のミリオン座で見られますか?」と聞いたら
ローソン親父「どこでも使えるよ」と。その言葉も嘘だったのだ!!
途方にくれる少年と、状況も解らず映画が見られると思いはしゃぐ弟。
このまま帰るか・・・しかし、弟のはしゃぎぶりをみると、そんな事言い出せない。
なにより、ここまで電車に乗って来たのに、イデオンも見られずに帰るなんて・・・
財布の中身と金額表を見比べる。
おお!なんとか子ども2人が入れるお金がギリギリある。
しかし・・・
入場券を買うと殆どお金は残らない。
帰りの電車賃しか残らない。
目的を果たさず、こころざし途中で挫折・・・
かなりの時間悩んだすえ、意を決し窓口でお金を払い入館する事に。
だが問題は、すでに資金が底を突いていた。
ポスターもパンフレットも買うお金が無い。
映画を楽しむ余裕もなく、また満席で席が無かった為に最後部で立ち見であった。
ほとんど見えなかったのは覚えている。
だが、幼児の頭が戦闘で飛んだ所は見た。みんな死んでしまう映画だった。
気持ちは重かった。いろんな意味で。
映画も終わり、帰路につきかけた頃、弟が「お腹減った!」と。
そういえば少年もお腹が減っていたことを思い出す。
しかし、財布には帰りの2人分の電車賃を差し引くと20円程しか残らない。
奇跡的にお金が足り、映画を見ることが出来たのもイデの導きなのか!?
しかし、いまここに来て更なる選択を迫られる。
「パンを買って食べながら歩いて家まで買えるのと、電車で帰って家でなにか食べるのとどっちが良い?」
もちろん答えは後者しかないと。
家までは子どもの足では2時間以上かかる。さらに小さい弟を連れてだ、もっと掛かるに違いない。
だが「お腹へって歩けない・・・」と弟。
少年は「してはいけない選択」をしてしまった。
商店街まで出て、パンを買って弟に買ってあげた。
自分の分は買えなかった。
永遠と思える距離を歩き、家についたのは、薄暗くなってからだった。
母に「早く帰って来いと言ったのに!」としかられた。
券が使えなかった事。お金を払って映画館に入った事。電車に乗れなかった事は、
なんだかいけない事に思ったので言えなかった。
家路の途中は、弟の機嫌が悪くなると大変なので遊びながら帰った。
「遊びながら帰って来たのは内緒な!」そう言って騙した。
弟は家に帰るのも遊びの一環だと思ってくれていたのが幸いし、親にばれる事は無かった・・・

いけない、イデオンを見るとトラウマが。
何もかもが辛かったあの日を思い出してしまった。
そんな思い出深いイデオンがまさか、この箱に中身まで入っているとも知らずに・・・


さてさて、中身は何かかいな!
そーと覗いてみてごらん♪
などと、のんきに歌いながら、
いざ!開封!!
おぉ!
DSC01516.jpg
本当に入ってた。
さずがにAメカ80個ではなかったけど。
A・B・Cと揃ってるやん!
波動ガンまで。すげー!!(興奮)



まずはAメカ

さくっと組み上げてみた。
仮組のつもりが、なぜか接着剤をがっつり使い組み立ててしまった。
強度はバッチリだ! 
どうするつもりなんだろう、僕は・・・

まっ、いっかー!(相変わらずの脳天気です)
って事で、先ずは
「ソル・アンバー」
DSC01517.jpg
これさぁ、一番上のちょこんと羽の付いたパーツは置いてるだけなんだよね。


変形させて「イデオ・デルタ」
割と好きなデザインだな。
主翼が小さいのが気になるが、良い感じ。
DSC01518.jpg


そして、Aメカ合体形態。
TVではシャッターが開いて、手が「にょにょにょ」と生えて来るんだよね。
キットはアンテナもちゃんと伸びるようになってる。
DSC01519.jpg

作ってて思ったけど、良くできてる。
「イデオン、良いよ!イデオン!!」
一部差し替えだけど、良く考えてある。
発売当時は完成までいかなくって、てきとーに作ってた1/600イデオンだけど
今作ってみると、なんだか良いよこれ!
まぁ、RGガンダムが「パーツがポロポロ取れる」とか言うけど
そんなレベルじゃ無い。
うっかりすると、バラバラなんだけど。
その辺をなんとかすると、良い感じになるとおもうなぁ~僕は。



ぞしてBメカ
次はBメカだね。
「イデオ・ノバ」
横の開いた所にある、放水機のような砲台は・・・
やぱっり乗せてるだけ(笑)
アンテナの部分が折れそうな位細いの。
DSC01520.jpg
フロントのキャタピラの接地が悪いので、お腹を擦る感じ?


「ソル・バニア」
シルバニア・・・じゃなくて、ソル・バニア。
さらにお腹を擦る頻度が増してます。
コクピット部分は差し替えでイデオ・ノバよりも少し引っ込んだ形に。
DSC01529.jpg


Bメカ合体形態
肩のパーツが反転して、お腹が上がって来てこの形に。
DSC01521.jpg

現在のキットと比べても多少の遜色はあるけど、
エッジもちゃんとしてて、モールドもしっかり入ってる。
さすがアオシマだね。
パーツの固定は悪いけど・・・



最後はCメカ

Cメカの箱はA,Bと比べて一回り大きくて、中身もそれなりに、ちょっと大きいですよ。
値段も当時価格で500円です。ちょっとお高いです。
ちなみに、A,Bメカは400円ですね。波動ガンは300円だったっけ?

まずは「イデオ・バスタ」パスタじゃないよ"バスタ"だよ。っと。
航空機としてどうのこうのより、デザインがやっぱり良いね!
コクピットはちょっと無理が有るけど・・・笑
どこに収納するんだ?
DSC01523.jpg


「ソル・コンバー」
「足」そのままやね。
それより、一番前面にコクピットって、ちょっちヤバくねぇ?
DSC01530.jpg
たしかBメカの搭乗時の死亡率が高かったのかな?
確かに乗り手の防御率が低いなぁ。

最後は合体形態の「足」ですね。
パーツ単体でみると、とても良い出来だと思いますよ。
DSC01522.jpg

発売されてから30年ほど立つのかな?
それにしては、年代が気にならない、とても良いキットだなと思いますね。
意欲というか、チャレンジも含めて前向きなキットです。
アオシマの合体シリーズとは全然違う、真面目な感じがしますね。
いやいや、合体シリーズが不真面目だとか、そんな意味じゃ無くて(笑)

さて、問題はABCと全て揃えて「がったーい!!」した時のプロポーションと言うか、
全体からにじみ出る挫折感と言うか、たまらなくノスタルジーなんですけど・・・・
古き良き時代の匂いがします。
これは、そのまま手を入れずに塗装して仕上げるのも有りだな。



伝説の巨人 合体!?

ついに伝説の巨人がその全貌を表します。
期待に胸を膨らませつつ、Aメカ、Bメカ、Cメカと合体計形状を取らせ、
「いざ!合体!!」
いまこそ、復活の時!!
DSC01548.jpg


でた!!これが伝説のきょj・・・・ん?
なんだかとても「変」です。
やる気、無し無しです。
今までのテンションも大幅ダウン・・・
これじゃない感が全体から、ラオウのオーラのように沸き立っています。
DSC01524.jpg


あくまでも、イメージは「これ」だったはず・・・
なぜ、こうなった!!
DSC01552.jpg


全体のイメージを設定に近づけるべく、少しシミュレーションしてみましょう。
画像を切った、貼ったしてイメージ作り。
DSC015.jpg
少しはマシになったものの、結果として
変形・合体機構を残したまま、改修する事は困難で有ると。
ハッキリ言うと
「無理無理無理無理無理・・・ずぇったい!ムリィィィ!!」
って事です。

可動を殺しプロポーション重視で行くか、関節可動を重視して格好良く見せるか?
合体変形と可動とプロポーションの路線でいくならスクラッチした方が楽チン。
しかーし!、そんな事に意味は無い。
出来が良いのが欲しいなら超合金魂が有るではないか!
必要なのは、この1/600イデオンをどうやって仕上げるか!
それが問題点なのである。

答えは決まっている。
「難しい宿題は、また明日」である!
スポンサーサイト
プロフィール

Kita

Author:Kita
北 洸斗(きた ひろと)

ここに来たら
いつでも、どこでも、
どんな時でも
 "14才"にしてやるよ!
的なAssureCraftのブログです。
ホビーから模型まで色んな事にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。