スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 HGUC ガンキャノン

2011年4月28日
1/144 HGUC ガンキャノン
イデオンをいじってたら、これを思い出してしまった。
DSC01544.jpg
やっぱりGMとかガンキャノンに通じるというか、まぁ、流れから言うと当然かと。
で、なぜか1/144です。

なぜ1/144かと言うと・・・
「棚卸し」と言う名の大掃除に繋がると言う寸法です。(ニガ笑)

いや、決して1/600イデオンから逃げた訳じゃないけど・・・
ほら、色々有るじゃないですか。
ね!

どうしても中途半端が多くなるんだ。
そう言えば、こんなのも途中でほったらかしだな。
DSC01028.jpg

時間の有る時に、場つなぎで作ると
どうしても中途半端で放置になるんだよね。
まっ、気にしない、気にしない。

明日からGWだし。
どこに行こうかな~。


2011年5月6日
仮組でけた!
さて、皆さん。
ゴールデンウイークはどうでした?
まだ、お休みを満喫中の方もおられるようで。
え?ずっと休み・・・それはそれ、これはこれ。
って事で、時節ネタなんか入れてみたりしながら、次の夏休み目指してガンバロー!
(今から夏休みめざしてんのかよ!)


HGUCのガンキャノンの仮組が出来た!!
一部、色分けが必要だったり、後ハメが出来ない所があるみたいだね。
ムリに後ハメ加工しなくても、マスキングで対応するとしよう。
前垂れ(腰のアーマー)は片方を動かすと一緒に動いてしまうので、左右独立させましょうかね。
その他は、ほぼノーマルの予定で進めます。
塗装はね・・・グラデーション無しの方向で行くとしましょう。
DSC01554.jpg


約一件問い合わせのあったグフです。
MGじゃなくて、HGなのでした。
ドダイYSと組み合わせる予定です。
1年ほど放置中ですが・・・
まぁ、気長にお待ちくださいね!っと。
DSC01027.jpg

<コメント>
 はじめまして。
 いつも拝見させて頂いてます。
 ちょっとお聞きしたいのですが、HGグフの左手のマシンガンの
 部分はどうなっていますか?
 画像だと色が白色の部分です。
 新規で作り直しでしょうか?
 もしそうなら、もう少しアップで見せて頂けないでしょうか?
 今ちょうどHGグフを作っているので参考にさせて頂きたいと思います。
 よろしくお願いします。
 2011-05-11 17:36 | ナイキ


  ナイキさん。はじめまして。
  グフのマシンガンの画像・・・あったかな?
  捜して貼り付けてみますね。

  キャストの塊を削りだして、指はプラパイプで作ってます。
  金属のパイプでも良いのですが、プラと金属の素材の違いと言うか
  精度の違いが僕は好きではありません。
  出来るだけ同じ程度の硬度差の素材を使うように心がけています。
  金属の方が加工しやすい時は金属も使いますけどね。

  参考になるかどうか解りませんが、よければ何かのヒントにでも
  して見てください。
  2011-05-17 09:45 | Kita


2011年5月13日
足の裏
足の裏ですけど、モナカ割になってますな。
パーティングラインを消すのが大変そうです。
ちょっと、あっさり気味だしな。

ん~と。どうしようっかな?
接着する前だったらジャンクパーツからバーニアでも捜してきて
仕込むんだけども・・・
もう、くっつけちゃった ヘヘu
うかつな奴ですね。
DSC01557.jpg

仕方ないね。モールドでも作るか!
って事で、プラ材から切り出します。
直径8ミリの丸とバーニアらしきモールドです。
(らしきって言うな、らしきって!!)
DSC01555.jpg

くっつけた!
まぁ、これでいっか!
うん、良い感じ、良い感じ。
DSC01556.jpg

細かい作業になっちゃったよ。
今日はここまでにしようかな。

<コメント>
 こんにちは、足あとより失礼します。fameと申します。

 googleでRGの可動指の塗装方法を調べてたときに北さんのblogに行き当たりました。

 当blogでも引用させていただきまして、一言お礼申しておいたほうがよいかと思いコメントを残します。

 本日はご挨拶まで。
 今後ともよろしくお願いします。
 2011-05-15 10:21 | fame

  fame さん
  初めまして。
  わざわざのご連絡、有り難うございます。
  >当blogでも引用させていただきまして
  どうぞ、どうぞ。
  公開している情報はご自由に引用しまくって頂いて結構です。
  なにかのヒントにでもなれば、このブログの存在価値もあると言うものです。

  色んな情報交換など、出来たら楽しいですね。
  ブログもちょくちょく拝見させて頂いてます。
  こちらこそ、よろしくお願いしますね。

  2011-05-17 09:36 | Kita


2011年5月16日
ん!? 多くないか?
ちゃくちゃくとパーツの処理が進んでおります。
っと、ここで疑問です。
パーツ多くね?
DSC01558.jpg
実は4台分を一度に処理してます。
ここから8本腕や4本足の魔改造ガンキャノンを作って・・・ないない。
それは無い・・・よね?たぶん大丈夫なはず。

このように多数のキットのパーツが混在してる箱は
特にアシュアーでは珍しい光景では無いのですが、
一般の方から見たら異様かもね。

HGUCガンキャノンはシリーズ001と言うこともあって
モノアイとかクリアパーツでなかったり、色分けが出来てないとか
初期段階のキットなのですが、出来は良いですね。
可動は・・・控えめですけどね。
「メモリアルアクション」パーツとかついてて
なんかバンダイの「やる気」は見えてますけど、
その後のシリーズではメモリアル~は無しの方向ですね。

これからパーツを洗浄して、サフェイサーで小さな傷や
消し損ねているパーティングラインを処理して行きます。
小改修もその時に。


2011年5月20日
小改修
HGの泣き所って言うか、チャームポイント?(笑)
な部分を少し改修していきましょう。

今回は腰のアーマー部分です。
DSC01559.jpg
このパーツはたいがいのHGで可動するものの、左右両方が一緒に動きます。
まぁ、気にしなければ気にならないかも。
そんなに重要じゃないし。
足をあげなきゃ解らないし。
ポーズに気をつければ、スルーしても大丈夫だよね。
誰も気が付かないと思うし、こんな作業を追加しても全体に影響しないし。
第一、見栄えに影響するとか、だれが見ても解る改修とかじゃないし・・・

いや、逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃd・・・・
ここは踏み止まらなければ。

って事で、少し引っ張ってから作業手順です。

概要としては、左右のアーマーの接続してる部分を切り離し、
そのパーツが抜けないようにする加工ですね。
この加工により、左右のアーマーが独立して動くようになります。
もっともポピュラーな改修です。

まず、左右のアーマーの取付軸にストッパーを付けるアタリの位置に
マーキングを入れておきます。
このキットで言うと、黒いマジックでちょこんと書いた所です。
DSC01560.jpg

次に、その軸を「スパ!」っと切り離します。
DSC01562.jpg

さっき落書きした(落書きって言うな!)場所に、スリットを入れます。
ストッパーとして挟み込む材質の厚みの分だけにしましょうね。
DSC01563.jpg

そこに、少し大きめに切り出したストッパーになる物を接着してしまいます。
今回は約0.5mmのプラ材を使用しました。
DSC01564.jpg

これが抜け止めになって、腰のアーマーを固定してくれます。
大きめに切り出して貼付したので、丁度良いサイズに調節します。
DSC01565.jpg

これで左右が独立して動くようになります。
DSC01566.jpg

片足をあげたら、反対側がパンチラ♥なんて事にならないで済みます。
まぁ、MSの場合はパンチラじゃなくて股関節パーツチラなので、ありがたみは無いな。
(をいをい、ありがたみとか、そう言う事を言うんじゃ無いよ)

腰のパーツの真ん中の部分に余裕があれば、ポリパーツのサイズが合う奴を
捜してして、切ったパーツに挿すだけで完成だ!
ってお手軽な方法も有るわけだが。
今回はスペース的に入りませんでした。って事で。

さて、次回は「アラ隠し」です。
お楽しみに!
(堂々と"アラ隠し"とか言っちゃってるし・・・)


2011年5月23日
小改修2
さてさて、アラ隠しとか前回で言っちゃってますけど。
要は、消しにくいパーティングラインとか色々ありますね。

肘(ひじ)の裏とか、膝(ひざ)の裏なんかがそうです。
治具を作ってサンドペーパーを根気よくあてれば良いのですが、
なかなか思うようにいかない。そんな貴兄にこんな方法は?

紙とかマスキングテープに型を移し、プラ材を切り出して貼り付けるってのはどうでしょう?
ね!簡単でしょ。
DSC01567.jpg

バーニアの中身にもパーティングラインがきます。
ここは少し「難儀」な部分ですね。
市販やジャンクパーツからそれらしいパーツを捜してきても良いのですが、
ここはオリジナルを保持します。
丸く切り抜いたパーツに筋を入れて貼り付けます。
DSC01568.jpg

僕は今回、少し筋の間を開ける予定で、一本一本切り出して貼付ました・・・
結果は「筋を入れたプラ材を貼り付ける」と同じ物に(涙)
いらぬ苦労をしてしまった・・合掌


2011年5月26日
ガンキャノン塗装
ぼちぼちと塗装に入っております。
後ハメ加工・・・する程でもなく、マスキングで対応します。
これは足のモモのパーツ
DSC01601.jpg
画像下の方がグレーの部分を塗った常態
上がマスキングをして、今から下地を整えサフェイサーを噴いて
赤色に塗る準備をしている状態です。

所々に、組立→塗装→組立→塗装を繰り替え差無ければならない部分がありますね。
肩の部分とか。

昔は普通だったのですが、さいきん「楽」になれてしまって・・・
いかんですね。
人間は堕落する生き物だって実感します。


それと、別に忘れてた訳じゃ無いんですよ。
色々と・・・ね、ほら。あるじゃないですか。
あんな事か、こんな事とか。
画像捜してたり、他の事してたり、ね!
って事で 仮組でけた! で聞かれてた「手」の画像です。
DSC01029.jpg
ナイキさん、遅くなってごめん。
これで分かるかな?

<コメント>
 有り難うございます。
 新規で作り直して有るのですね。
 完成を楽しみにしています。
 2011-05-28 18:58 | ナイキ


2011年5月31日
途中経過
ちょっと息抜きに仮組なんかしてみたり・・・
DSC01614.jpg
ビームライフルと太ももは塗装済み。
下肢まで塗ってみたら溝が気になったので、ナイフでちょっと触ったら酷いことに。あぁ・・・
塗装が乾かないうちに、要らん事するとこう言う事になるので、注意!
反面教師って事で、参考に。(今更かよ!)
サフを噴いて、放置中。

右手の平手を作りたいけど、どうしよっかな~
思案中。


2011年6月3日
結局作るのね・・・
他用でなかなか進まないHGUCガンキャノンですけども、
結局「右手」がライフルの持ち手とメモリアルアクションと言う名の
「どすこーい!」風の物しか無いので、貧乏性の北はポリパテで
平手を作るのでした。
だって、市販の右手で良いの無かったんだもん!
DSC01617.jpg
ポリパテの塊からジョジョがオラオラオラオラ徐々に(勝手に誤変換 笑)
形に削りだして行きます。
DSC01616.jpg
よく考えたら、4台一緒に作ってるんだった・・・
あと、3つ作らないと。(汗)


2011年6月7日
のつこつと・・・
右手の平手を制作中であります。
ポリパテの塊から削りだしてる次第ですけども・・・
DSC01620.jpg
なにもわざわざ4つも作るこたー無いわな。
(ガンキャノンは4台同時進行で作ってますのよ)
一つ作って、後は複製すれば良い物を、何を考えてたんだろう?
今さら、引くに引けないと言うか、乗りかけた船と言うか。

「握り手だったら得意なんだけどな~」とか
言い訳をほざきながら、やっております。

でも、同じように作ってるつもりでも、表情が少しずつ違ってくるんですよね~
「まっ、それもいっか!」とか、開き手だけに「開き直り」まして、
(誰が上手いこと言えと言った!!)
飽きなければ、最後まで完成するつもりです。

途中からキャストの複製とかに変わってた場合は、その事については
そっとしておいてあげてください。

<コメント>
 もう6月に入ってだいぶ経ちましたね。

 今月の新製品情報は…っと。
 え~と、あれ?
 どこだぁ?

 何か忘れてるような気がするよ…
 2011-06-09 18:52 | 亀

(この時点まで、新製品情報の更新を忘れてました。ごめん By Kita)


2011年6月29日
マーキングデカール
1/144HGUCガンキャノンですけども、
なんやかんや言いながら、いきなり最終段階に入りました。
一通り塗装を終え、付属のマーキングデカールです。

そのまま貼ってしまうと、周りの余白部分が目立ちます。
いわゆる「シルバリング」とは少しニュアンスが違いますが、
まぁ、同じような物ですね。

これは少し手を加える事で解消しますので、やってみましょう。

まずは、位置を決め貼り付けます。
DSC01630k.jpg


余白部分を良く切れるデザインナイフなどで、丁寧にキットに傷を入れないように切り離します。
たったこれだけ。
DSC01631k.jpg

注意点は、ナイフの刃を入れすぎないように、デカールの厚みだけ切る。
それでけです。
慣れると問題なく出来ますが、慣れるまではどうしても切り方が浅かったり
深く切りすぎてキットに傷を入れたりと大変です。
不要なパーツで試したりして、練習してみてください。

失敗すると、キットの下地からのやり直しと、デカールの部品請求がまってます(笑)
完成したキットに刃物を入れる緊張と恐怖を楽しみましょう。

最後にツヤを全体と同じように整えて、完了です。

デカールは台紙に付いたまま切っても良いけど、どうしても精度が甘くなるからね。
自分にあったスタイルでやると良いと思うんだ、僕は。

フロントスカートの可動も確認。
やっぱり片方づつ動く方がいいね。
DSC01651.jpg
簡単な加工なので、HGではぜひお勧めの加工だね。


2011年7月1日
完成!
1/144HGUCガンキャノン、大量増殖中・・・ワラワラワラ

完成致しました。
結構時間かかったな。
DSC01641.jpg


モノアイはマットシルバーのシートにクリアグリーンを吹き付けた物を
切り出して貼ってみました。
ちょっと高級感+自己満足 = 結果・・・キット付属のシールとあんまり変わんない?
あんまりギラギラしてなく良い感じ。
DSC01654.jpg


スプレーミサイルはやっぱ、白だよね?
右手の平手も、無事完成。
一つ一つポリパテのブロックからの削りだし。
表情が微妙に違う所が良いな(笑)
反省点は→「一つ作って複製するが宜し」
DSC01639.jpg


ホワイトベースMSハンガーと合わせて見た感じ。
これがしたくて、右手の平手を作ったのさ。
ガンダムがRGなので、ちょっと違和感あるね。
っと言うことは・・・
RGクオリティのガンキャノンを作るか、ガンダムをHGUCにするか?
DSC01643.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

Kita

Author:Kita
北 洸斗(きた ひろと)

ここに来たら
いつでも、どこでも、
どんな時でも
 "14才"にしてやるよ!
的なAssureCraftのブログです。
ホビーから模型まで色んな事にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。