スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗装ブース

一般の家庭において「塗装」と言う行程は非常に多くの障害が
待ちかまえており、難しい行程であると言わざるを得ない。
例えば筆塗り行程に置いても揮発性有機溶剤の「匂い」がつきまとい、
思う存分、文字通り「筆を振るえない」のが現状である。
ましてや、エアースプレーなどもっての他であると。

あるものは、家族の目を盗んで夜中にひっそりと窓を開けて塗装し、
コンプレッサーを股の間に挟んで「股間を暑くしながら」消音対策をし、
またあるのもはベランダで虫と格闘を繰り広げながら行うと言う。 
そして、勢いあまって塗料の瓶を倒し大惨事に発展するのである・・・

っと、何かのオープニング風に語って見ましたが。
結局、塗装をするにはそれなりのリスクと向き合う事が必要ですね。
塗装ブースを設置したり、埃対策や湿気対策も必要になってきます。
本当はもっと気軽に模型ライフを楽しめたら良いのにね。
日本の住宅事情から言っても、難しいです。


一方、AssureCraftでは、どうしてるかと言うと・・・
実録、これがアシュアーの塗装ブースだ!!

ビニールとカベで作られた小部屋に換気扇を設置し、完全に密封された
その中で塗装を行うと言う。
DSC01720.jpg

そして塗装ブースには車などを塗装する大型のエアースプレーに
工業用の大型コンプレッサーから常時8気圧の圧縮空気が送られる。
(写真は1/144HGUCのガンダムのボディを塗装している様子)
毎日、数千台のガンプラがここで塗装されている。
DSC01723.jpg


なんて、嘘です。
他の作業で塗装の仕事を頂いたので、急遽塗装ブースを作って
その作業の合間に進入し、いたずらしてみました。
たまにこんな仕事もしてるんですね。
常時、こんなブースがあれば良いんだけど・・・ムリだな。
カベとビニールで外気と遮断し、30cmの換気扇でフィルターまで
排気してます。

本当は机の上に置いた普通の塗装ブースですね。
でも、塗装設備って意外と大変なんですよね。
サフを噴く時なんて、もう大変・・・
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Kita

Author:Kita
北 洸斗(きた ひろと)

ここに来たら
いつでも、どこでも、
どんな時でも
 "14才"にしてやるよ!
的なAssureCraftのブログです。
ホビーから模型まで色んな事にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。