スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々と大変です

世間では、FC2がなんだか賑やかな様子・・・
ブログスペースを借りてる身としては「なんだかな〜」って感じです。

そりゃぁ、無料で借りてるので文句は無いですよ。
機能も別に困った事は無いし・・・

ただ・・・ねぇ
「違法な動画が!」
「FC2が!」
っと、これだけ騒がれたら、ちょっとね。

日本の会社だと思ってたら、実は海外の会社でーす!とかさ?
でも、本当は日本の会社でした!!だとかさ。

アダルトな事は抜きで、しごく真面目にオタクしてる身としては
(オタクとかマニアって言うな!フリークと言ってくれ!!)
「FC2」ってだけで、ちょっと肩身も狭くなるってもんよ。って感じなのかな?
実際、どうしたもんか様子見って事ですな。



それは、そうと。
御嶽山、えらい事ですね。
お亡くなりになった方には心からご冥福をお祈り致します。
救出を待っておられる方々が一日も早く助かりますように。

Kitaは山登りも好きで、学生時代にはワンダーホーゲル部に所属してた程ですが、
御嶽山もご縁がありまして、何度も昇った事があります。
それも、子どもの頃から行ってたり。
昭和50年代の噴火や平成初期の噴火の後、山が落ち着いてからの噴火口巡り
(お鉢巡りって言うんですよね)
も何回か行ってますが、火口から泥が「ボコ!ボコッ!」と泥が上がってきて
水蒸気が立ちこめておりました。
登山道は硫黄で黄色く染まっており、やはり硫黄の臭いがきつく立ちこめていました。
自然ってやっぱり怖いですね。

昔は黒沢口から昇って百間滝を通って、女人堂、石室、二の池で一泊
翌日、ご来光(空気が冷えて、雲が下に沈むので雲海ができ、そこから太陽が昇ってきます)
の後頂上、剣が峰へ。引き返して二の池経由で賽の河原から三の池へ。そこから下山。
この辺の時間帯になると、雲が暖められて昇って来ますので雲の中を歩けます。
よく山で「ガスってきた(ガスが出てきた)と言いますが、山の上の方では、実はこれが
下からみたらモクモクとした、空を見上げれば有るあの「雲」で、その中では視界が
1mほどしか無くなる事も多々あります。
まさに雲の中のお散歩です。(実際は服はびしょびしょになるし、不快指数はMAXです。寒いし。)

かなり前にあった山崩れで道が寸断されてからは御岳ロープウエイスキー場から女人堂コースに変更しました。
たまに田野原へ下山コースとか、色んなルートがありますが、田野原へ抜けるコース
が見晴らしが良く、7合目からでも頂上が見えた気がします。
しかし、ニュースを見ていると今回はそれが仇になったようで、
見晴らしが良い=遮蔽物が無いと言うことで、そこで被害に遭われた方が多い様ですね
二の池の山小屋には、山小屋なのに「お風呂」があって、窓からは青い池が見えます。
(下に積もった火山灰の為、青く見えると聞きました。本当に青いですよ)
その向こう壁には万年雪がありました。(今回ニュースで見たら雪が無かったですね)
山頂は夏でも寒く、ストーブがコンコンと燃えており、大布団が無いと寒くて眠れ無いような
そんな環境でした。
日の出ている時間帯、昼間はそうでもないですが、日が暮れると急に寒くなります。
お盆の時期でそんな寒さですから、今の時期はもっと辛いと思います。
一日も早く、皆さんが救出されますように。

スポンサーサイト
プロフィール

Kita

Author:Kita
北 洸斗(きた ひろと)

ここに来たら
いつでも、どこでも、
どんな時でも
 "14才"にしてやるよ!
的なAssureCraftのブログです。
ホビーから模型まで色んな事にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。