FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアロアールシー

最近タカラトミーのエアロRCにちょっとはまりました。
今更ですけど(笑)
ちょっと古いですね。今はお店でも見かけませんね。
問屋さんにはあるのかな?どうだろう。
amazonとかでは少しあるみたいですね。
BBSの上のamazonのリンクから探せますよ)

BOSSで当たるRX-8とか2台もあったり(どっちも頂きものです。感謝)
日産のディーラーで試乗すると貰えるセレナとかエルグランド(両方ともワールドカップとのコラボ?サムライブルーの奴)とか、これも人からの貰い物ですけど。
他にも買ったまま放置してあるのが4個。
ボディー無しの車体のみが1個。なぜだ?

組み立てて(組立が必要です。半完成品)走らせてみると結構面白い。
慣れてくるとハンドリングでドリフトクイックターンなんかも出来ちゃう。(モーター変えると更に容易になりましたよ)
デフギアも無いから、普通に小半径での転回は出来ないんですけどね。
昔のホビーラジコン(組み立てる高い奴ね)はデフなんて無かったのでドライビングテクニックで無理矢理曲げてましたから、こんくらい身体が覚えてますとも!!
僕がホビラジに夢中になってたのは中学生くらいからだったかな?
ディユーンバギーとかワーゲンビートルとかバギーチャンプしか無かった時代ですから。ホーネットとかマイティフロッグやワイルドウイルスはもう少し後の時代です。
(やべ!年齢がばれちゃう)
あの時代は劇的にホビラジが進化した時代ですからね。
オンロードなんてバックが出来ないんでやんの(爆)
エンジンカーかよ!!って突っ込まれるような物が普通に協商あたりから売ってましたからね。
電送系を組み間違えた?と一日悩んだよ。
あぁ・・・また話がそれた。

388811_1286427018.jpg
っで、ごそごそしてるとAssureの片隅でこんなのを見つけました。
TAMIYA☆☆のミニ四駆のジムニー!
早速自腹で購入。「これ買いますね」と。
「良いよ。600円ね!」
え?定価ですか?割引なし?ですか・・・
って事で晴れて僕の物になりました。ってか在庫処分したのに定価かよ!!ま、いいけど。

なんでこんなの買ったかと言うと・・・
そいつは次回のお楽しみ!!
えぇ、ばればれですね。(笑)



2010/10/08 (Fri) 10:12:07
388811_1286500327.jpg

っと言うことで、あっ!!と言う間に完成です。
嘘です、ちょっと時間かかりました。

とりあえずシャーシだけです。
ボディの取付は今考え中。どっしようかな~?

エアロRCの魅力はコンパクトなのにそこそこ早くて軽くて面白い。
クイックな挙動と(精度の悪さから 笑)跳ねながらぐいぐい加速して行く所が面白いですね。
反面、サイズ的な所で少しの段差で立ち往生したり、向きが変わってしまったりします。
そこで!!(大げさです)ビッグホイールに換装して見たわけです。
リア周りは簡単に出来上がります。ただ、取付のシャフト穴が少し大きいので瞬間接着剤で留めてしまうのが良いかと。
オプションパーツのギア&モーターセットに入っている径が少し太めのシャフトを差してみましたが、まだスカスカです。
そこでレガシーを分解した際に出たシャフトを流用。
レガシーは素から完成品のエアロRCです。
だもんで、各部がしっかりと接着されていまして分解に少し手間と勇気が要りますが(部品を壊さないようにね)シャフトに刻みが入ってますので、それがなかなかに良い結果に。
スナップオン感覚で組立完了。干渉も無くスムーズです。
フロント周りはレガシーの刻みの入ったピンは使ってしまたので少し細工が必要ですね。
M2.6のネジを穴を少し大きくして差してみました。
ネジで直留めってどうかと思いますけど、しょせんトイラジですのでそこはスルーの方向で。
問題が出たときに対処するとしましょう。
後は面白い画期的なサスペンションですが、タイヤを重くすると辛いですね。
仕方がないので0.5×6.0×70のステンレスの押しバネをちょん切ってくっつけました。
さて、出来上がりです。画像の常態に。
後は、ぶつけるとすぐに外れるアームのつけ根の加工とフロントにバンパーが欲しいかな?

ところが・・・
持ち前のクイックな動作と加速が犠牲になってしまうという、本末転倒な結果に。
足下加重が増えてしまった為にもっさりした加速と粘るようなコーナリング・・・
幸いタイヤのグリップが弱いのでコントロールでクイックターンはできるのですが。
モーターをトルク重視のタイプに変えてもあまり効果無し。
ビッグホイールでエアロRCのクイックな動作を「あわよくば!!」と期待していた(ホントは解ってたけど)目論見は見事に失敗。
色々ギアを変えてみたり、モーターを変えてみたりしても納得できる動作は出来ません。
残された手は・・・「あれ」とか「あれ」とか。
模型屋としては禁断の手法になりますね。
どっしよっかねぇ?

そうそう、話は変わりますけどね。
実は下手くそながら、音楽活動もしてるのですよ。僕は。
興味の無い方はチンプンカンプンな話題です。
それで僕の電気ギター、楽器のね。
DIGI-ZO(フェルナンデス)の電源のピンが折れまして、休みの日に日本橋までたった120円ほどのトグルスイッチを半日かけて買いに行きまして、それを交換しました。
ハンダと格闘しながら交換終了。
ついでにマルチエフェクターをバイパスして電源無しでエフェクターを通さず音が出るようにしてみました。
生で音を出すと「なんじゃこりゃ?」ですね。
ピックアップも交換ですね、これは。

作業しながらエアロRCも「やっぱり "あれ" しかないかな・・・?」っと。
部品を探しに日本橋でもぶらついてみようかな?
「あれ」といえばスイッチを買ったデジット?それともシリコンハウスかな?
基盤関係は知識が乏しいので不安ですけど。


Re: エアロRC - 774
2010/10/08 (Fri) 18:37:53
はじめまして。
タイヤホイールはワイルドミニ四駆の物がおすすめですよ。
エアロモンスターでクグルと色々解るとおもいます。
4セル&tr交換してミニッツのモーター積むと幸せになれます。
>「あれ」とは↑の事ですよね?ちがいました?


Re: エアロRC - Kita URL
2010/10/09 (Sat) 11:17:12
>>774さん。はじめまして。
情報有り難うございます。実はワイルドミニ四駆も一緒に見つけてもってたりします。モンスタービートルって奴ですけどね。
「タイヤだけ売ってくれ!!」ってお願いしたのですけど、あっさり「ダメ~!」って言われました。やっぱり定価の¥1,000-でした(涙
最初は此奴のBIGなタイヤをチョイスするつもりでしたが、事情が変わって・・・一段落したら公開してみます。
「あれ」とは御察っしの通り、トランジスタ交換と多セル化その他もろもろですね。
ただ、やはり模型屋としては切った貼ったで仕上げたいので、基盤を触るのは禁断の領域・・・
もう少し悩んでみます。
検索してみると解りやすいページが沢山ありましたのでなんとかなりそうですけどね。
ミニッツのモーターも有りですね。候補にいれておきます。
でも、安価で容易にをモットーにしてますので、一線を越えて良い物か、またその一線はどこなのか模索中。

388811_1286590632.jpg
さて、問題発生です。
異音がするので嫌な感じがしたのですが、ギアを開けてみるとピニオンギアが割れてました。
トルクチューンモーターとむちゃな運転に耐えられなかったようです。
調子に乗ってクイックターンとかやってた罰ですね。
残念な事にアシュアーにはラジコン関係やミニ四駆関係のパーツは置いてないので、近所のジョーシンキッズランドまで買いに行ってきます。置いてるかな?



2010/10/12 (Tue) 10:31:46
388811_1286847106.jpg
ジョーシン電気キッズランドでピニオンギアを発見!
早速ピニオンギアを交換しました。しましたけど・・・
ギアのハイとローの切り替えがあるのでサイズがぁぁぁぁ!
なんてこったい!!
不覚、いや深く考えてなかったよ。


2010/10/13 (Wed) 10:51:53
388811_1286934713.jpg
ピニオンギアの打ち込む位置を微調整することでなんとかHi-Loの切り替えが出来るようです。
ギリギリですけどね(笑)
っで、ピニオンギアを真鍮に変えると今度は他のギアが逝ってしまうだろうなぁ~
まぁ、安いトイラジだから無茶も出来るし面白いから良いか。

しかし、行き着く所はどこなんだろ?
ミニッツ並?
いやいや、それならばミニッツを買えば済むことだし・・・
う~む。ゴールはどこだ?

可能性の追求・・・
いまさらまともに売ってない物に可能性を追求してもなぁ~
かと言って、ノーマルのままじゃいまいち物足りない。
勝つために!!・・・何に?ライバルの居ないレース・・・
なんだろ、このジレンマ(笑)



2010/10/14 (Thu) 11:32:30
変なジレンマを抱えたまま行く先も見えず、突っ走っておりますKitaですけども。

388811_1287023550.jpg
タイヤホイールセットが出てきました。
ほんの7セットほどですけど・・・
ってなんで同じ物が大量に?
多分タイヤが割れたり無くなったりした時の予備のつもりだったんだと思います。多分ですけど。
モーター&ギアセットなんかも新品だったり、組み込んだ物だったりと幾つかあったりしますね。
でも、サスペンションは無かったりしますね。これって、純正のプラの奴はすぐに無くなるのに。
ホームセンターで径の合う押しバネを買って来て代用してますけど、ビッグホイールには丁度良いですね。

多分僕には「鼠の遺伝子」が組み込まれて居るんじゃ無いかと思ってます。
役に立たない物から、どうでも良い物まで(どっちにしても約立たずじゃん!)捨てられないんですよね。
すぐに収集癖がでてしまう。
だって、細々した物を集めるのが趣味のようですし。ライフワークのようになってますもの。
遺伝子のついでですけど、僕は極度の方向音痴です。
まず思った所にたどり着けない。
梅田の地下なんてさながらラビリンス(迷宮)常態です。
出かける度に大冒険です。地上に出てきた時には大幅にレベルアップしてるんじゃ無いかと思うくらいです。
実際には、また地下に潜るとレベル1からやり直しですけど。
車だとなおさら気づいたら「ここどこ?」な常態です。
一人じゃお家に帰れない事も多々あります。
いわゆる「迷子」ですね。知ってます。
車にはカーナビなんて付いてませんが、かかあナビが付属してきます。
この「かかあナビ」の精度が・・・
地図を渡すと「地図ってどっちが上?」から始まり、「今どこに居るの?」で「どっちに向かって動いてるの」ってな感じです。あげく違うページを見てたり・・・まぁ、良いけど。

普通の人は「渡り鳥の遺伝子」を持ってるんだと思います。
「自分がどこにいて、どっちに行けば良いのか」をちゃんと把握してるし。
知らない所だってちゃんと行けるでしょ?
僕にはそれが先天的に欠落してるようです。
だから道順も人生も常に迷走してます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kita

Author:Kita
北 洸斗(きた ひろと)

ここに来たら
いつでも、どこでも、
どんな時でも
 "14才"にしてやるよ!
的なAssureCraftのブログです。
ホビーから模型まで色んな事にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。