FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RGザク改修/MS05Lザク1スナイパータイプを作ってみよう

さてさて、このAssureCraft Kitaブログ「14才」も満1年を迎え、
ここらで名前も「15才」にしたい所ですが(毎年ブログ名が変わるのかよ!)
1年経っても「身体は大人!頭は14才!」のままなので、そのままです。
いくつになっても青年の心を持つ世間の同世代のおじさん達同様、
いつまで経っても大人になりきれないKitaへの戒めも込めて「14才」はこのままです。
ある日、急にブログ名が変わった時は……
Kitaが大人への一線を越えた時です。
その時は静かに生暖かく見守ってあげてください。


さぁ、ここから本題です。
RGシャア専用ザクを使って「MS05L ザク1 スナイパータイプ」を作っていきます。
サックリ、サクサクと仮組完了。
今回はRG色を濃く残したいので、極力RGベースの方向で行きたいと思います。

必要な部品はこんな感じですね。
DSC01916.jpg


先ずは頭。
RGザクはヒーロー体型なので、頭が小さいです。
比べると……
かなり小さいですね。
どっしよかな~
DSC01917.jpg


肩パッド。アーマーですね。
これも悩む所。
DSC01922.jpg


どっちも良い感じですが、旧ザクの方の「丸み」が良いですね。
DSC01923.jpg


バックパック。
これは移植するのが正解ですね。
取付側はこんな感じですが……
DSC01919.jpg


RGの方はこんな感じです。
さすがにスナップオンとは行きません。
取付方法は後で考えます。
DSC01918.jpg


胸部アーマー部分。
旧ザクの方が一回り大きい作りになってます。
サイズ合わせが必要ですね。
約2.5mmの幅詰めが必要です。
DSC01920.jpg


右膝のジャッキ部分です。
可動部があるので強度も必要ですし、悩んでみます。
DSC01921.jpg


改修箇所はざっとこんな感じですかね。
後はいつものように、現物合わせで対処していきます。
それよりも、ベースのキットはRG量産型ザクの方が良かったのでは?
足のスラスターの穴埋めとか要らなさそうな気が…?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

NC Muroさん

解り難い説明で済みませんね。
もっと簡単に説明出来るように勉強しておきます。

北 洸斗さんへ

非常に明快なご回答有難う御座います。
そんなに種類があるとは、驚きました。

No title

NC Muroさん

質問有り難うございます。
メーカー(バンダイ)が独自に自社製品につけているブランド?のような物だとお考えください。
「G」はGradeのGですね。
その前のRとかHとは、
RG→Rial-Grade
MG→Master-Grade
HG→High-Grade
AG→Advance-Grade
他にも
FG→First-Grade
PG→Perfect-Gradeなどが有ります。

同じ形の「ガンダム」だけでも30年の間に20種類前後のプラモデルが発売されているので、その種分け的な意味も有るのだろうと思います。
同スケールの同じ商品名の物でも値段も内容も全然違う物が混在してますので。
そこにスケールの違う物が入り込むと…
なので、混乱をさける意味でもグレードを付けているんじゃ無いかと思います。
表現する方も「HGガンダム(ハイグレードの1/144ガンダム)」とか「HGUCガンダム(ハイグレードユニバーサルセンチュリーの1/144ガンダム)」とか「PGガンダム(パーフェクトグレード1/60のガンダム)」とか簡単に確実に指すことが出来るようになってます。
ちなみに初代に発売された物にはグレードは付いていません。
さらにVre.違いも混在しています。

混沌としたカオスな常態をすこしでも緩和する為でもあるんでしょうね。

北 洸斗さんへ

初歩的な質問でスイマセン。

RGとかHGとかAGとかMGとか・・・・・
何が違うのでしょうか?

No title

NC Muroさん

各分野でも同じ事だと思いますが、最近の技術の進歩は目覚ましい物がありますね。
プラモデルもここ十数年でかなりの進歩をしましたよ。
このプラモデルも「だれが、どんな作り方」をしても、同じように仕上がりますからね。
凄いと思いますよ。

Kitaさんへ

ど素人のたわごとです。
仮組みでこんなに完成形まで作れてしまうのですね。
また、動かすことができる関節が多いような気がします。
NC Muro はプラモデルを最後に作ったのは高校生の頃だったとおもいます。
振り返れば30年前!!!
当時と現在で随分変わっているような気がします。
プロフィール

Kita

Author:Kita
北 洸斗(きた ひろと)

ここに来たら
いつでも、どこでも、
どんな時でも
 "14才"にしてやるよ!
的なAssureCraftのブログです。
ホビーから模型まで色んな事にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。