FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えぇ~・・・そんなん有りですか?

HGUCのね、1/144ボールとジムを塗装してたんですけどね。
塗装も終わって、一段落。
さて、ツヤ消しでも!っと思って吹き付けたんですよ。スプレー缶のツヤ消し。
乾く間に、ちょっと一休み。コーヒーでも飲んでこよっと。
ってな感じで、コーヒーブレイクなど挟みつつ、さて続きでも・・・
えぇぇぇ・・・っ!?
DSC01455.jpg
そしたらね、もう・・・こんな常態ですよ。
「どうなってんねん!!」
ってな事で、「なんじゃ!こりゃー!!」ですよ。
「責任者、出てこーい!」ですよね。

粉を吹いてる。なんてレベルじゃないよ。
完全にひび割れてるよ。をいをい・・・
ここまで、どんだけ時間掛かったとおもってんねんな!

っと、まぁ。起きてしまった事は仕方が無いとして、原因を追及して
今後の糧にしないと「失敗は成功の母」にはならん訳ですな。
原因は簡単ですよ。
これですよ、これ。
DSC01456.jpg
うちの製品じゃ無いので、どこの何とはハッキリ言いませんが、
2~3ヶ月前に買って、たまに使ってる此奴ですよ!
まだ結構残ってるのに・・・
たまに使ってるのに、シドイわ、この仕打ち。

良く振って使ってるので、沈殿とかじゃ無いはずだし。
まだ残ってるので、分離した層って訳じゃなさそうだし。
余ったランナーに噴いてもこんな常態です。

あんまり言いたかぁ無いですけど、「やっぱり余所の製品は使いにくいわ」
って実感してしまった。
だって、成分とか比率とかetcとか解かんない部分が有るから、対処の方法が見えずらいのよね・・・
最近アシュアーでは、積極的に余所様の製品を使って見てるんですけど、
こんな事が多々ありますね。
特にトップコート関係は怖いです。
全部の部品に噴いた後じゃ無くて良かった。それだけが救いですね。

いやいや、いきなり試しもせずに使う奴もどうかとおもうぞ~
ってのは正論ですな。
海より深く反省。


ひび割れ拡大!!
って・・・画像が荒すぎますね。
ご勘弁。
DSC014551.jpg
原因としては、ツヤ消し剤の成分が多い(濃い)常態だと、その成分が凝固するときに
他に入っているメジューム(メディウム)などの媒介剤や溶剤成分と収縮率が違うと言うか
ツヤ消し剤の成分が引っ付き有って固まってしまい所々に隙間が出来るので、その隙間が
ひび割れという形で出てきます。

人為的に作り出す場合はマット剤をかなり多めにインクに投入する事でこの現象を再現する
事が出来たりします。
もっと凄いことになりますよ。
全体が干からびた湖の底!みたいな事になります。
幾何学的な、趣のある変な塗装が出来たりしますよ。

あと、粉を吹いてしまった時は溶剤を薄く吹き付ける事でリカバリー出来たりします。
あくまで緊急措置ですけどね。
基本はマット剤とインクの量を調節して「綺麗なマット常態」を作り出す事ですね。
でも、缶スプレーだとそうは行かない事もあるしなぁ~

今回の教訓
「異変を感じたときには、面倒くさがらずに止める勇気も必要」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメント有り難うございます

dickermax さん、こんばんはです。
電動歯ブラシヤスリは今度、ACアダプターを直付けしてみようと企んでおります。
どの位の電圧をかけられるか?試してみたいですね。
ミニ四駆用の高価なモーターに換装して、高回転・高トルク電動歯ブラシヤスリなんて
無駄にオーバーテクノロジーで使いにくくて面白そうです。

ツヤ消しスプレーは試し噴きをしなかった僕のミスです。
スプレー缶の中で何が起こったかは解りませんが、こんな事も想定しておくべき事柄でした。
いつもならスプレーから瓶に移し、そこからハンドピースで吹くのですが今回は直接吹き付けてしまいました。
だって、瓶に移すとスプレーのガスも一緒にインクに混入されてしまい「シュワシュワー」ってなってしまって、それが収まるまで割り箸突っ込んだり、かき回したりを面倒くさがって・・・
ダメですね。急がば回れって事ですね。

ひび割れ塗装の使い道が思い付かないんですよね。
ひび割れの場所とか常態を思い通りに出せたら良いのですけど、相手任せですのでこればっかりは・・・
なにか良い使い道があったらまた御指南くださいね。

No title

こんばんは。初めてレスします。
道具(とくに電動歯ブラシ改造ヤスリ)のアイデアは実用的!
あれって、電池じゃないのが欲しいですね。やはり100Vじゃないと頼り無い。

今回の艶消しスプレーも悲劇ですね。画が小さくて判らないのですが、艶消し剤がヒビ割れてる?私もそのメーカーの物を使っているから気をつけないとね。タミヤから出たんですよね?あれどうかなぁ。

逆に、そのヒビ割れスプレーは取っておいて、それ用(そういったマチエールが欲しい時)に使うといいですね。
プロフィール

Kita

Author:Kita
北 洸斗(きた ひろと)

ここに来たら
いつでも、どこでも、
どんな時でも
 "14才"にしてやるよ!
的なAssureCraftのブログです。
ホビーから模型まで色んな事にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。